天然酵母パン教室‘ぷれっちぇる’の酵母な日々を綴ります


by brezel0403

人気ブーランジェリー風見鶏 1月の製パン講習会-王様のチョコリング

地元では知らぬ人はいない人気店、「パン工房 風見鶏」。
オーナシェフの福王寺明氏は、TVチャンピオン準優勝者としても名高いですが、業界内でも、斬新なアイデアと個性的・進歩的な新商品開発で高く評価されています。
今年1回目の講習メニューは、「王様のチョコリング」。昨年、伊勢丹浦和の催事に出品され、売り切れで苦情が出てしまっという逸品。。。であったのにもかかわらず、すでにレシピが改良され、さらに美味しくなったという噂…楽しみです。
福王寺シェフのチョコリングのイメージは、「パンぽくなく、でもケーキでもなく、できあがりが“ブラウニーぽい”、ブレッドケーキ」なんだそうです。チョコレートを3種類使い、重層的な味を出しつつ、ダマンドクリームを気付け役&保湿感UPに入れ込み、さらにナッツの歯ごたえでチョコの味を引き立て~~クラクラしてくるようなこだわり!聞いただけで美味しそう~。

まず、塩バター生地を作ります。捏ねあがった生地に油脂2種類を入れていきます。カルピス有塩バターの風味がきいてます~。2種類の油脂で香りと風味を出すのも、シェフのこだわり。
b0133017_539537.jpg


白生地ができたら、副材料を混ぜ、チョコ生地を作ります。
b0133017_540433.jpg


チョコ生地の中心にダマンドクリームを巻き込み、リング状にして型に入れます。
b0133017_5433274.jpg


白生地で、今日は他に3種類のバリエーションを教えていただきました。盛りだくさん~
新作の「ごぼうテイック」、人気商品「チーズトースト」、くるみ。
ひとつの生地でこんなに色々なパンができるなんて(しかもそれぞれ個性的!)、さすがのアキラ・マジックです。
b0133017_685215.jpg


ごぼうスティックは、ダシ味をつけたごぼうの旨味と、長ネギの甘さ、チーズのコクがポイントだそうです。ごぼうの下処理の方法も教えていただきました。
b0133017_672813.jpg


具を入れながら三つ折りをして、ねじります。仕上げ発酵後、ごぼうを飾って石窯へ。
b0133017_6132636.jpg


焼き上がりに、みりん醤油を塗ります。いい香り~
スティック状なので、割とハードな焼き上がりかと思いきや、中種の酵母の力と、石窯の輻射熱・高温短時間焼成で、驚くほどふっくらソフトなんです。
b0133017_6192429.jpg


いつも美味しいチーズトースト。2種のチーズのコントラストと、これでもか!というほどのボリューム。仕上げのハニーメープルと、生地の塩味で、「あまじょっぱい」美味しさ。生地のしっとり、もっちり感に毎度うっとりしてしまうパンです。
b0133017_6293088.jpg


チーズがゴロゴロの断面。
b0133017_6295368.jpg


くるみも仕上げにハニーメープルを塗ります。これも外見を裏切り、すごくソフト。くるみの旨味と、メープルの香りがたまりません。
b0133017_6351198.jpg


チョコリングは、焼成後、温かいうちにトップにスライスチョコをつけ、それを糊にして、チョコフレークを飾ります。いったい何種類のチョコ使うんですか~
b0133017_6394653.jpg


本日教えていただいた4種類のパン。豪華です。
福王寺シェフ、今回も内容いっぱいの講習会を、どうもありがとうございました。
b0133017_6503212.jpg


ごぼうスティックは、「ゴロゴロごぼうパン」として、現在、風見鶏店頭にて絶賛発売中です。ごぼうの泥臭さが全くなく、シャリっとした歯ごたえと、ネギ・チーズ・ベーコンの旨味、パンのコク味がベストマッチ!是非一度ご賞味ください!

また、日本全国西へ東へ~の福王寺シェフは、2/29神戸・ニップン西部技術センターにて、星天会冬季講習会・講師を務められます。お近くの方は、神戸へGO!
[PR]
by brezel0403 | 2012-02-18 05:27 | 風見鶏製パン講習会